岩隈、熊本県に2000万円の寄付

マリナーズの岩隈久志投手は4月25日、熊本地震の被災地支援のために熊本県に2000万円を寄付したことをマネジメント事務所を通じて発表しました。
岩隈久志投手は「微力ではありますが・・・、少しでも被災者の皆さまのためにできることがあればと思い私と家族の思いを届けさせていただきました。これからも引き続き支援させていただきたいと思っております。」とコメントを発表しました。
東日本大震災が起きた2011年までの7年間、楽天でプレーをした岩隈久志投手。
2011年には1勝につき10万円の寄付活動を実施しました。
メジャー移籍後も被災地での野球教室をはじめて、かねてから復興支援活動に関わってきました。
2014年には三陸鉄道の社員や沿線の住民らをメンバーとする、草野球チームの「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任しました。草野球の日本一を目指し、バックアップを続けています。