船橋市、子供のボール遊び復活か

千葉県船橋市は、公園でのボール遊びが可能になるよう取り組むそうだ。
現在、全国の公園ではボール遊び禁止とされていることがほとんどだ。船橋市は、中学生の要望を受け入れ方針変更を決めた。
まずは今年9月から11月までで市内5公園で週1~2回程度、放課後2時間を使って試行する。可能なら2017年度以降、他の公園にも広げて本格実施するそうだ。
試行するのは夏見台近隣公園や西船みどり公園など、広場がある公園。主に小中学生の利用を想定し、ルールを決めて広場の中で自由にボール遊びができるようにする。移動式のフェンスなどを置いてボールが園外に出ないよう工夫する。また、試行中は市の外郭団体「生きがい福祉事業団」に登録した高齢者らを見守り役として配置する予定だという。
公園では時代とともに「子どもの声がうるさい」「小さい子には危険」「ボールが家に当たった」などの苦情が増え、船橋市では、苦情があった公園に順次「他の人の迷惑となるボールあそび禁止」の看板を設置してきたが「迷惑となる」ことの明確な決まりはないそうだ。
船橋市では、中学生のまちづくりへの関心を高めるための「こども未来会議室」で中学生から「ボール投げができる公園」の要望を聞き今回の方針に繋げた。
松戸徹市長は「選挙権年齢が引き下げられる中、子供たちに『思いを述べれば社会が動くことがある』と実体験してほしかった。未来会議室で挙がった意見は、採否の理由も明らかにしており、そうしたプロセスを今後も大切にしたい」と話したという。
現在、たびたび外で遊ぶこどもが減ったと話題になるが、遊べる環境が整っていないことが何よりの原因である。時間などを決めた上で全国的に広がればいいと思う。