「単なる石」を祀る茅野市民

国宝の土偶「縄文のビーナス」で知られる長野県茅野市で、駅前に祀られている大きな石が話題になっている。しめ縄が飾られ、立派な看板も立っているが、案内板にはそれらしい伝説はなさそう…つまり「単なる石」なのだ。なぜそんな石を大事に祀っているのだろうか?
ツイッターで「大変面白い岩」として紹介された大石は、茅野駅西口から約200メートルのところにある。高さ1メートル以上、横幅も1.5メートルを超えている。何よりその丸い形がいろんな想像をかき立てる。
大石にはしめ縄が飾られている。立派な案内板も立てられており、大石の由来が大きく書かれている。ツイッターで注目を集めたのは、その由来だ。案内板によると、周辺の再開発工事中に発見されたそうだ。珍しい大石の出現に、関係者は驚き大事に掘り出したそうだ。あまりにも見事な大石だったので、神が宿る岩である「磐座」として保存することになった。
普通なら語り継がれてきた伝説とともに祀られるところだが、この大石の場合はそのような伝説はない。案内板には次のように書かれている。
「悠々の時を経た巨大岩石が、突然、地上に出現したことは単なる偶然とは思えない。我々を守る神の磐座であると信じ、シンボルとして、駅前縄文公園隣接に永久保存することにした」
この案内文に対して、ツイッターでは「無いのかよwww」「いきなりの飛躍」など温かい突込みが入る事態に。きっかけとなったツイートは2000以上リツイートされたそうだ。
ツイッターの話題をさらったこの案内板を立てたのは「茅野駅前まちづくり協議会」だ。協議会に聞いたところ「実は、ご利益がありそうな物語がないか考えたんですけど…なかなかいい話が生まれなかったんです」とのこと。
あまりにも見事な大石だったので、後付けで「伝説」を考えるというユニークな発想だったが、無理だったようだ。
看板を立ててから約3年。協議会によると、今では大石目当てに訪れる人もいるという隠れた観光スポットになっているそうだ。
各地にある語り継がれている伝説も、意外とこんな感じに作られているのかもしれない…。