患者2人殺害した元看護師、さらに33人の死亡に関与か…

ドイツで勤務先の病院の患者2人を殺害したとして昨年に有罪が確定している元看護師の男が、さらに少なくとも33人の殺害に関与した疑いのあることが22日分かりました。
捜査当局が明らかにした。事実であれば戦後ドイツで最悪規模の連続殺人事件になるとのことです。
この男は北部ブレーメン近郊のデルメンホルスト病院で看護師として勤めていた「ニールス・H」受刑者(39)。
集中治療を受けていた患者2人の殺人と同3人の殺人未遂で終身刑を言い渡され、2015年2月から収監されています。
ニールス受刑者は以前からデルメンホルスト病院で致死量の薬剤を投与して患者30人以上を殺害したと主張していたが、同病院の患者だった99人の遺体を掘り起こして調査したところ、少なくとも33人が同受刑者による薬剤投与で死亡した可能性があることが判明しました。
ニールス受刑者はさらに、近くの別の病院でも患者を殺害したと供述しているとのこと。
捜査当局はその数を明らかにしていないが、地元警察幹部のヨハン・キューネ氏は「惨劇がこれで終わりだとは言えない」と述べているそうです。